So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

安室奈美恵の手形にハイタッチ [観光]

9月16日と言えば・・・渋谷の周辺が騒然となる。
「金王八幡宮」の祭礼で、「渋谷109」前の広場に氏子の神輿が14基集まり、「道玄坂」を連合渡御するのだ。
ところで、9月16日と言えば、歌手の「安室奈美恵」のお別れコンサートが沖縄で行なわれた。
「渋谷109」と言えば、『安室奈美恵』の聖地なのだ。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg
002.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

第26回 中新田かかしまつり [イベント]

自宅から1キロメートルほどの近さでも有り、2009年から毎年撮影に出掛けてます。
今年は26回目の開催となり、幼児の部、子供の部、一般の部あわせて、66体の作品が集まり、田んぼの畦道に並んでいます。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg

002.jpg

003.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

第32回町田エイサー・「演技者の写真集」 [イベント]

演技者の撮影は、カメラの撮影モードは「スポーツモード」でオートフォーカスなので、ピント合わせに躊躇せず、5時間あまりで1200枚の収穫。
しかし、構図ミスやピント外れも多くなる。

直行便でご覧頂けます。
http://www.von.mydns.jp/nikon-D90/18278/18278.htm


001.jpg

002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

第32回町田エイサー・「桜風エイサー琉球風車」 [イベント]

桜美林大学の学生を中心としたエイサー団体だが、卒業したOB・OGも参加しており、100名以上の団体である。
町田のみならず、新宿でも、本場沖縄でも知名度の高い団体である。

スライドショーでご覧頂けます。


001.jpg

002.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

第32回町田エイサー・「東京中野真南風エイサー」 [イベント]

町田の場合は、昨年までは沖縄の団体から1団体を招待していたが、今回は沖縄のエイサー団体の招待は無く、埼玉・名古屋・千葉・東京のエイサー団体から19団体が参加した。
中野では5団体が活動しており、都内でもエイサー活動の活発な地域である。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg

002.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

第32回町田エイサー・「和光青年会」 [イベント]

2002年に結成され、東京都世田谷区経堂を活動拠点にしている団体で、和光学園の卒業生で構成されている。
「和光学園」には、小学校が2校あり、中学校、高等学校、大学とあるため、卒業生の絆は深い。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg

002.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

第32回町田エイサー・「てぃだエイサー隊」 [イベント]

2000年に結成され、埼玉を活動拠点にしている「てぃだ」・・・沖縄の言葉で「太陽」を示すそうだ。
昨年(2017年)撮影の時、電動車椅子で演技をする人がいたのを思い出した。
今年も、演舞の途中から、隊形が変り、電動車椅子を中心として(まさに、太陽を中心にする隊形をとった)、円陣となった。

直行便でご覧頂けます。
http://www.von.mydns.jp/nikon-D90/18274/18274.htm

001.jpg

002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

第32回町田エイサーの「カチャーシー」 [イベント]

私はいままで、「カチャーシー」を、「エイサーの続きの総踊り」・・・と、思っていたが、実は、違っていた。
『エイサー』は、沖縄本島のお盆行事で「迎え盆」と「送り盆」の時に行なわれる民俗芸能である。
一方、『カチャーシー』は、お盆の行事ではなく、「結婚式」や「二次会」なとで、”みんなで踊ろ~う!”と言う踊り。

直行便でご覧頂けます。

001.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

渋谷駅に新南口が出来るそうだ [都心の交通網]

渋谷駅前の「渋谷ヒカリエ」ビルでは、安室奈美恵のラスト公演の最中だった。
11階が展望室に成っており、スクランブル交差点が真下に見える。
せっかくなので、飲み屋街も探索した。
『のんべい横町』は再開発から外れたようで、戦後の名残りを将来に残して行けそうだ。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg

002.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

戌年だから、「宮益・御嶽神社の狛犬」 [銅像めぐり]

現代では「日本狼の狛犬は、珍しい物」となっているが、歴史のある神社には今なお存在している。
現在、「狛犬」と言うと『唐獅子姿』がとり沙汰されるが、石工たちの腕自慢が登場する江戸時代もなかば以降だと言われている。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg

002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -