So-net無料ブログ作成
自然現象 ブログトップ

岩井海岸に海鵜が大集結 [自然現象]

冬場になると、北の国から東京湾に海鵜が渡ってくるらしい。
------------------------------------------------------------------
ネットの情報によれば、「城ヶ島」や「横須賀沖の猿島」の断崖絶壁をネグラにしているらしい。

毎年11月の下旬頃になると、北の方からウミウが渡って来て、城ヶ島で冬を過ごします。
200羽くらいが太平洋に面した写真の岸壁に止まっています。
遠くから撮った写真なので、ウミウは黒い点にしか写っていませんが、岸壁がウミウの糞で白くなっているのが分かると思います。
このウミウに混じって数羽のヒメウがいます。
ウミウよりやや小形ですが、遠くからでは識別できません。
ただ、ウミウは顔に白っぽい部分があるのに対して、ヒメウは首から先は真っ黒に見えます。
---------------------------------------------------------------
昼間は、野比海岸や観音崎や久里浜湾などに来て魚を獲ったり、岩礁の上で濡れた羽根を乾かしているので、比較的近い所から観察することが出来ます。

知り合いの漁師に聞けば、「地引網の時におこぼれ頂戴」と飛来するそうだ。
岩井海岸の沖合いには、定置網が設置されており、生け簀も多い。
冬場の餌場に、定置網や生け簀が狙われているかも。

しかし、海岸の陸地に2~300羽の黒い塊が居たのには驚いた。
飛び立って海面を飛ぶ姿も撮影したかったので、恐る恐る近づいて、海鵜たちを驚かせてしまった。

城ヶ島の時は、望遠レンズで無かったが、2015年にはしっかり撮影できていました。
  ⇒ここをクリック

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg
11..jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

岩井海岸での夕焼け [自然現象]

千葉県の海岸線で、東京湾に面した場所を、「内房(うちぼう)」と言う。
ちなみに、太平洋に面した海岸線は、外房(そとぼう)と言う。
ようするに房総半島の東側と西側をすみ分けする手法である。
JR内房線に「岩井駅」が有り、岩井海岸は3キロメートルの遠浅の砂浜である。
東京湾の対岸には、三浦半島、富士山、丹沢、箱根、天城山、そして伊豆大島が広がるのである。
岩井海岸からの「ダイヤモンド富士」は、4/29~30と8/12~13で有り、1月半ばの現在は、伊豆大島と伊豆半島の天城山の中間の太平洋上に太陽が沈むため、海中に落日するのである。

1月11日と15日は移動日だったが、12~14の3日間は、実家から徒歩3分の海岸へカメラを持って出掛けた。
12日は、薄雲が発生し、富士山は見えなかったが、天城山の左側には恰好の雲がかかった。
素晴らしい夕焼け空となった。
落日後の洋上に蜃気楼が発生し、島影の端の方や洋上の船が空中に浮き始めた。

13日は、三浦半島上に薄雲が有り、富士山は霞がかかっていた。
しかし、太平洋上に沈む太陽が素晴らしい光景を見せてくれた。
『ジュワァー』と音を立てながら海中に沈む。
ダルマ太陽、山形食パン太陽、半円太陽と・・・・色々な姿に変化する太陽に・・感動した。

14日は、洋上に雲が発生、沈む太陽は観れなかったが、富士山はうす紅の背景に浮き上がっていた。

少年の頃の遊び場は、海岸でかけっこやソフトボールだったので、夕焼けを見ていたかもしれないが、今回のような「洋上に沈む太陽」の記憶は無い。
わざわざ、西伊豆の海岸線に行かなくても、内房から海中に落ちる太陽を観れることに感動した。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

昭和記念公園 今年も紅葉が期待出来そう [自然現象]

都心では、まだまだ紅葉について語るのは早いのだが・・・・。
昭和記念公園の中でも、「日本庭園」のモミジは何処よりも早く紅葉する。
花を探して「日本庭園」に立ち寄ってみると、5~6本のモミジの木が紅葉を始めている。
この調子でいけば、来月末には・・・期待できるかも。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg

002.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

茅ヶ崎の海岸に夜光虫 [自然現象]

堤防近くの海底は、急に深くなっているため、波高が1メートルほどになり、ダイナミックな衝撃波となり、波乗りしている夜光虫はかき乱される。
一番のピークは1時から2時頃だった。
満潮は3時頃で有り、砂浜近くのため、波高が小さくなった。
よって、2時45分をもって撮影投了とした。

パソコンから大画面で見ると迫力が有ります。 ⇒ここから

001.jpg

002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
自然現象 ブログトップ