So-net無料ブログ作成

ナンバンギセル(南蛮煙管)の花  [花]

「巻きたばこ」が主流になった現代で、先端と吸い口が金属のキセルを
使用する人はいなかろう。
花の形が、南蛮人(昔のポルトガル人や スペイン人)の用いたパイプの
「キセル」の形に 似ているところからこの名がついた。
ナンバンギセルは、寄生植物で、薄(ススキ)や茗荷(ミョウガ)などの根に
寄生して養分をもらっている。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg

002.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。