So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

水天宮の「子宝いぬ」 [銅像めぐり]

水天宮の境内には親子の犬の銅像があります。
お産が軽く多産であることから安産の象徴とされる犬。
その犬にあやかって作られたのが「子宝いぬ」で、親子の犬の像の周りには十二支の文字が刻まれた石がはめ込まれており、その十二支の石の中から生まれ年の干支を撫でながら祈願すると、安産や子授け、子供の無事成長が叶うとされている。

スライドショーでご覧頂けます。

001.jpg

002.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

岩井海岸に海鵜が大集結 [自然現象]

冬場になると、北の国から東京湾に海鵜が渡ってくるらしい。
------------------------------------------------------------------
ネットの情報によれば、「城ヶ島」や「横須賀沖の猿島」の断崖絶壁をネグラにしているらしい。

毎年11月の下旬頃になると、北の方からウミウが渡って来て、城ヶ島で冬を過ごします。
200羽くらいが太平洋に面した写真の岸壁に止まっています。
遠くから撮った写真なので、ウミウは黒い点にしか写っていませんが、岸壁がウミウの糞で白くなっているのが分かると思います。
このウミウに混じって数羽のヒメウがいます。
ウミウよりやや小形ですが、遠くからでは識別できません。
ただ、ウミウは顔に白っぽい部分があるのに対して、ヒメウは首から先は真っ黒に見えます。
---------------------------------------------------------------
昼間は、野比海岸や観音崎や久里浜湾などに来て魚を獲ったり、岩礁の上で濡れた羽根を乾かしているので、比較的近い所から観察することが出来ます。

知り合いの漁師に聞けば、「地引網の時におこぼれ頂戴」と飛来するそうだ。
岩井海岸の沖合いには、定置網が設置されており、生け簀も多い。
冬場の餌場に、定置網や生け簀が狙われているかも。

しかし、海岸の陸地に2~300羽の黒い塊が居たのには驚いた。
飛び立って海面を飛ぶ姿も撮影したかったので、恐る恐る近づいて、海鵜たちを驚かせてしまった。

城ヶ島の時は、望遠レンズで無かったが、2015年にはしっかり撮影できていました。
  ⇒ここをクリック

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg
11..jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

岩井海岸での夕焼け [自然現象]

千葉県の海岸線で、東京湾に面した場所を、「内房(うちぼう)」と言う。
ちなみに、太平洋に面した海岸線は、外房(そとぼう)と言う。
ようするに房総半島の東側と西側をすみ分けする手法である。
JR内房線に「岩井駅」が有り、岩井海岸は3キロメートルの遠浅の砂浜である。
東京湾の対岸には、三浦半島、富士山、丹沢、箱根、天城山、そして伊豆大島が広がるのである。
岩井海岸からの「ダイヤモンド富士」は、4/29~30と8/12~13で有り、1月半ばの現在は、伊豆大島と伊豆半島の天城山の中間の太平洋上に太陽が沈むため、海中に落日するのである。

1月11日と15日は移動日だったが、12~14の3日間は、実家から徒歩3分の海岸へカメラを持って出掛けた。
12日は、薄雲が発生し、富士山は見えなかったが、天城山の左側には恰好の雲がかかった。
素晴らしい夕焼け空となった。
落日後の洋上に蜃気楼が発生し、島影の端の方や洋上の船が空中に浮き始めた。

13日は、三浦半島上に薄雲が有り、富士山は霞がかかっていた。
しかし、太平洋上に沈む太陽が素晴らしい光景を見せてくれた。
『ジュワァー』と音を立てながら海中に沈む。
ダルマ太陽、山形食パン太陽、半円太陽と・・・・色々な姿に変化する太陽に・・感動した。

14日は、洋上に雲が発生、沈む太陽は観れなかったが、富士山はうす紅の背景に浮き上がっていた。

少年の頃の遊び場は、海岸でかけっこやソフトボールだったので、夕焼けを見ていたかもしれないが、今回のような「洋上に沈む太陽」の記憶は無い。
わざわざ、西伊豆の海岸線に行かなくても、内房から海中に落ちる太陽を観れることに感動した。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

犬像めぐりの第2弾と国立競技場の工事現場 [銅像めぐり]

犬像めぐりの第1弾は日が暮れてしまったので、撮影を断念したのが有り、明日(1/11~1/15)から千葉の実家に行くので、本日、リベンジとさらに追加分を計画した。
ビクター犬・・・・千駄ヶ谷駅で下車、ビクタースタジオの玄関に設置してある銅像。
DSC_0731.jpg


千駄ヶ谷と言えば、『国立競技場』・・業者毎に分割工事しているみたいで、一斉に工事が進んでいないようだ。
今日は風が強かったけど、足場を組んでいる現場もあった。
コンクリートを流し込んでいる現場も・・・・撮影してきた。
写真は、最後に挿入します。

続いて犬像は、靖国神社へ・・・軍犬慰霊像を撮影。
DSC_0809.jpg


次ぎに向かったのは、中野・・・江戸時代、江戸は御犬さまのおふれが出たため、野良犬を捕獲しては、中野に広い犬収容所を作った。
その歴史を知ってもらおうと、中野市役所前に御犬さまを設置。
DSC_0859.jpg

予定外の工事現場撮影をしていた為、カラフト犬の現場に着くのが夜になってしまった。
カラフト犬と言えば、「南極に置き去りになった犬たち」、立川市の「国立極地研究所科学館」の西側広場にいる。昔、東京タワーのところにいた犬達の移転先である。
DSC_0911.jpg


それでは、工事現場から数枚の写真を紹介します。
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

戌年だから、こんなドラマもいいんじゃない! [銅像めぐり]

2018年1月7日・・・・小田急線海老名駅で1枚の切符を購入する。
新宿までは片道500円、地下鉄は東京メトロに限るが乗り放題、ただし、都営の地下鉄はダメ。
この「東京メトロ一日乗車券」・・料金は1,290円。  万歩計は自宅出発・到着で20,544歩。
まずは交通ルートと取材した銅像を示す。
海老名⇒小田急で表参道まで、半蔵門線に乗り換え⇒渋谷 「忠犬ハチ公」撮影。
渋谷から半蔵門線で永田町、有楽町線に乗り換え⇒麹町 「甲斐犬」撮影。
徒歩で半蔵門、半蔵門線で水天宮 「子宝いぬ」撮影。
徒歩で人形町、日比谷線で上野 「西郷隆盛の犬」撮影。
銀座線で浅草、都営浅草線に乗り換え蔵前 「落語に出てくる元犬」撮影。
蔵前から大江戸線に乗り、飯田橋で南北線に乗り換えて東大前 「上野博士とハチ公」撮影。
東大前から南北線に乗り、後楽園で丸ノ内線に乗り換え銀座、さらに銀座線に乗り換え新橋 「少女と盲導犬」撮影。
新橋から都営浅草線に乗り東銀座 「名犬チロル」撮影。
東銀座から日比谷線で銀座、丸ノ内線に乗り換え新宿、小田急線で海老名。
飽きるほど地下鉄に乗った。
ブログでは写真を一枚ずつ載せるが、後日、ドラマ仕立てのホームページにします。

DSC_0453.jpg

DSC_0478.jpg

DSC_0501.jpg

DSC_0525.jpg

DSC_0545.jpg

DSC_0551.jpg

DSC_0631.jpg

DSC_0650.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

大根の寒干し [イベント]

三浦海岸の冬の風物詩である「大根の寒干し」。
写真仲間がこぞって撮影に行っているので、初挑戦である。
広い海岸に建築用材のポールで掛け棚を作り、大根を吊るしているのだ。
10日間ほど干すのだろうか、たくわん漬けに適したころに、首元で切り取っている。

1.jpg
2.jpg
3.jpg

4.jpg

5.jpg


6.jpg
7.jpg

8.jpg

9.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

野比海岸の水仙 [花]

12月29日の読売新聞の神奈川版に、「スイセン輝く道」・・と、題して横須賀市の野比海岸に約200万本のスイセンが咲き誇っている。・・と、載っていた。
紹介されている写真を見たら、いてもたってもいられない。

早速、海老名から横浜へ、京浜急行で「YRP野比駅」で下車。
毎年「水仙ロードウォーク」が主催され、8.5キロのコースだとか。
半分ほど実際に歩いて見たが、撮影ポイントになるのは、2~3ヶ所ほど。
ポイントから外れたら、東京湾の対岸の房総半島を眺めれば良いかも。

1.jpg

2.jpg
3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg





nice!(0)  コメント(0) 

5歳の子供が凧揚げしてる。 [イベント]

辺りを見渡しても大人がいない。
見れば、5~6歳の子供が一人。
声をかけたけど、人見知りなの、知らない大人に声を掛けられたら黙ってろと・・・しつけられているのか?
「一人で揚げたのか」と、聞くと、コクリと首を縦に振った。
さて、子供が抱えている糸巻きだが、大人が使用する本格的なもの、ぎこちなく、糸を巻いたり、緩めたり。
空を見上げると、2~300メートル先に小さな凧がいた。
子供に声をかけて、私も糸を引いてみた。
大人でも風の強さを感じられた。

1.jpg
2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg
6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

三浦海岸駅前の河津桜が満開 [花]

三浦海岸の冬の風物詩の「大根の寒干し」を撮影に行った。
その帰り道、駅前広場で、暗闇の中にピンクの塊が見えた。
よく見ると、「河津桜」。
mixiの仲間がつぶやいていた。  12月28日の日記。
----------------------
三崎口の駅前に10本ほどの河津桜の木が有り、数本に花が咲いていた。
----------------------
三浦海岸駅前広場にも8本ほどの木が有り、1本が満開過ぎ、2本目が2分咲き、3~5本目が5輪ほど咲いていた。
暗いので、満開の木をフラッシュを焚いて。

1.jpg

2.jpg
3.jpg
4.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

元日の初詣は・・・鎌倉の鶴岡八幡宮へ [イベント]

年も明け、2018年の元日を迎えた。
昼近くに起きたので、都心に行くにはちょっと遅すぎるかも。
でも・・・・・初詣には参加したい。
神奈川県で、イチニを競うのが川崎大師と鶴岡八幡宮。
自宅(海老名)から比較的近い鎌倉を選んだ。

二の鳥居を潜ったのは、まだ太陽も出ていた3時頃、新装成った「段葛」を歩き抜けると三の鳥居。
境内に入ると、広く長い行列が出来ている。

参拝を終えた頃にはすっかり暗くなっている。
おかげで、灯篭に灯かりが入り、遠近法の写真が撮れる。

1.jpg
2.jpg

3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

7.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -